訪問歯科の専門ページへようこそ

寝たきりになってしまったり、歩くのが不自由になってしまうとどうしても、歯のことまで気が回らなくなってしまいませんか?

合わない入れ歯では、しっかりと物を噛み砕くことができなくなり、食べ物の消化・栄養の吸収が行われにくくなります。また、かみ合わせが悪いと認知症となる可能性も高まります。

歯磨きの状態が悪く口の中で細菌が増殖してしまうと、唾液を誤嚥した時の肺炎となってしまう可能性が高まります。肺炎による死亡者は、60歳以上の方で死亡原因の第三位となっています。

 

口の中のケアをしたくてもなかなか病院に連れていくのも大変な介護者様もいらっしゃることと思います。

そんな時ご自宅で治療が受けられる訪問歯科診療は、便利です。

 

料金は保険診療で受けられます。

 

 

2013年

3月

06日

訪問歯科ブログ 誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は危険な病気です。肺炎による死亡率が高いことが知られています。

 

炎症の原因と考えられる菌に、口の中に存在する菌が見られます。口の中の環境を良くすることが大切考えられています。

2 コメント

2012年

9月

07日

訪問歯科ブログ 用意するもの

歯医者さんが家に来るとなると、何御用意すればよいかわからず、あわててしまう方もいらっしゃいますが、洗面器とタオルとコップを用意いただければだいたいの場合で大丈夫です。

 

特別なものが必要な時はあらかじめお伝えいたします。ご安心ください。

0 コメント

2011年

11月

24日

ご自宅で歯科治療

寝たきりの方や足の不自由な方はなかなか歯科に通うことができない場合が多いです。

 

そのため、介護を受けている方のお口の中はいろいろな問題があることが多いです。

 

たとえば、歯が折れたままになってしまっていて歯茎を傷つけてしまっていたり、入れ歯が合わないので食事は噛まずに呑み込んでしまっていたり、すごい歯周病で口臭もひどかったりなどいろいろな問題を抱えていることがあります。

 

介護の場合、介護者の疲労は大きく歯科は後回しになることが多いのですが、訪問で治療をいたしますので、それほど負担にはなりません。

用意はタオルと椅子とうがい用の洗面器を用意して頂ければ大丈夫です。

0 コメント

2011年

10月

10日

荻窪から訪問します。

荻窪から16キロ圏内であれば保険で訪問診療が受けられます。

 

0 コメント